インターネットとビデオ会議ソフトウェアのおかげで、自宅で会議に出席することができるようになりました。Web会議ソフトは、接続の安定性、音声・動画の品質、操作が簡単、セキュリティ等で、企業環境に合ったものを選ぶべきでしょう。ここでは特に優れたソフトを紹介しています。

Web会議のメリット

インターネット環境があればどこでも会議ができるので、移動時間や交通費の削減になります。クラウド型ソフトは、基本的に初期費用はかからず、低コストで運用できます。会議を効率化し、意思決定の迅速化に繋がります。

Web会議ソフトを選ぶ基準

どのようなネット環境でも映像や音声が途切れないか、誰でも簡単に使えるか、セキュリティ対策は万全か等を検討するのが良いでしょう。

ビデオ会議ソフトウェア9選

上記ポイントを踏まえて、おすすめのWeb会議ソフトウェアをご紹介します。

1.  Microsoft Teams

会議のスケジュール設定、背景のカスタマイズ、画面共有ができて、最長24時間の会議が可能です。契約時に1年間のコミットメントが必要です。各種Officeソフトと連携して共同編集が可能です。1

2. Cisco Webex Meetings

高品質な音声やビデオ、コンテンツ共有機能などが特徴です。最新のAIによる強力なノイズ除去機能やアイコンが感情を表現する、ジェスチャー認識機能などを備えていています。2

3. Skype Meet Now

Microsoft社運営のSkypeによる、「無料・アカウント不要・アプリインストール不要」のWeb会議サービスです。1クリックでWeb会議が可能となります。3

4. GoToMeeting

参加者が簡単にビデオチャットに参加できるのが特徴です。月額と年額プランから選択でき、24時間365日の電話サポートがあります。ウェビナーにはアドオンが必要となります。4

5. Zoom ミーティング

高性能の音声、ビデオで、あらゆるデバイスでビデオ会議が行えます。画面共有、注釈、投票、ブレークアウトルーム、同時通訳、トランスクリプト付きのクラウド録画機能などの機能を搭載しています。無料版はフル機能を備えていますが、2人以上の参加者がいる場合、40分の時間制限があります。5

6. グーグルミート

どのデバイスでも無料で使用でき、最大100名の参加者を招待できます。Gmailのアカウントを持っていれば、簡単に使用できます。より多くの機能を提供する2つの有料プランもあります。6

7. V-CUBE ミーティング

国内No.1シェアのWeb会議システムです。HD対応の映像と高い接続性が特徴です。7

8. ISL Online

同時接続ライセンスによる課金のため、コストを削減できます。再セッション接続機能により、PCを再起動しても自動的に再接続できます。8

9. Whereby

URL発行のみでビデオチャットができるWeb会議ツールです。ホストがアカウント登録を行えば、ゲストはURLをクリックするだけで会議に参加可能です。9

1
Microsoft, Microsoft Teams, 2
Webex, Meetings 3
Microsoft, Skype 4
Google Workspace Marketplace, GoToMeeting 5
Zoom, ミーティング 6
Google Meet, 概要 7
V-Cube 8
ISL Online 9
Whereby
This entry was posted in tech and tagged .